債務整理をしない方がいいと思う理由を、もう一度確認してみて欲しい



《お金に困っているあなたにおすすめのサービス一覧》

▼借金で悩んでいるなら

【1位】東京ミネルヴァ法律事務所《今すぐ診断!》


▼債務整理しようと決めているなら

【2位】東京ロータス法律事務所《安いのに超親切!》


▼借金が少なくて断られたら

【3位】アヴァンス法務事務所《少ない借金でも大丈夫!》

債務整理する前のぼく

債務整理ってクレジットカード使えなくなるし、デメリットが多い気がする。やっぱり債務整理はしない方がいいのかな?

 

といった疑問に答えます。

 

借金のある友達はそこそこ多いのですが、債務整理について聞いてみると、あまりプラスなイメージを持っている人はいないように感じます。

「クレジットカードが使えなくなるのがね~」とか、「家を買うときにローンが組めなくなるから」といった理由がほどんどです。

 

実際、僕も債務整理する前は同じ気持ちでした。

クレジットカードじゃないと契約できないサービスもありますし、家なんて買うかもわからないけど、買いたくなったときのことを考えていました。

 

しかし、いまとなって思うことは、

  • 債務整理をしたあとにデメリットを感じたことはなかった
  • クレジットカードがなくても大丈夫だった
  • 借金があるうちは家のローンなんて考える必要はなかった

ということ。

クレジットカードや家のローンなんていうのは、債務整理をする理由にはならなかったんです。

診断だけでもしてみて!
債務整理をする気がなくても、ぜひ東京ミネルヴァ法律事務所債務整理診断だけしてみてください!

もし債務整理をしたら借金がどれだけ減るのか、これからの人生がどれだけ楽になるのかがわかります。

いざって時に頼れるし、「こういう逃げ道があるんだ」と知っておくだけでも心がかなり楽になりますよ。

本当に無料ですし、2~3分で診断ができるので、試しに1度やってみるのがおススメです!

クレジットカードは債務整理をしない方がいい理由にはならない

 

ぼくも債務整理前に一番悩んでいたのは、間違いなくクレジットカードでした。

 

債務整理をすると、いわゆるブラックリストというものに載ってしまうため、クレジットカードが使えなくなってしまいます

任意整理であれば、債務整理をする対象を選べるので、クレジットカード会社だけは除外するなんてこともできるのですが…

しばらく使えていたクレジットカードも、「契約の更新を見送らせていただくことといたしました」と、契約は切られてしまいます。

 

というわけで、クレジットカードはほぼ間違いなく使えなくなるんですよね。

 

しかし債務整理をするかで悩んでいるのであれば、クレジットカードは必要ないから債務整理をするべき!と考えています。

 

 

デビットカードがあれば、ほとんど困らない

 

クレジットカードがなくなることで困るのは、ネットショッピングなどの支払いができないことですよね?

それであれば、デビットカードをどうぞ。

 

楽天デビットカードを使い始めて1年以上が経ちましたが、クレジットカードと比べて不便だったことは何一つありません。

  • ネットショッピング ⇒ できる
  • 携帯電話の契約 ⇒ できる
  • モバイルSuicaへのチャージ ⇒ できる

本当にクレジットカードと同じ使い方をしていますが、使えなかった場面は、ほとんどないです。

 

本当にあえてデメリットを挙げるとすれば、会社の経費の建て替えで、数十万円の大きな買い物をする場合。

あとETCカードを作る難易度が上がることですね。

こちらはETCパーソナルカードか、家族が協力してくれるようであれば家族カードで対応できます。

気になる人はチェックしておいてください。

 

債務整理するかどうかは別としても、楽天デビットカードなら年会費も無料で、使いやすい銀行口座もついてきます。

これが本当に便利。

メイン口座にしたっていいし、買い物専用口座にして、使いたい分だけ入れたっていいんです。

 

借りるということのループから抜けるためにもデビットカードは優秀なので、本当におススメです。

 

 

 

以上のことから、クレジットカードが使えなくなることは債務整理をしない方がいい理由にはなりません。

 

ローンが組めないことを、債務整理をしない方がいい理由にする必要はない

 

債務整理をするとブラックリストに載ってしまいますから、最低でも5年間は借金することができません。

借金ができないということは、ローンも組めないということになります。

 

将来的にローンで家を買いたいとか、車を買いたいと思ってる人からすると、かなりネックになるのではないかと思います。

 

ブラックリストへの掲載は5年間とされています。

当該事実の発生日から5年」とのことですので、おそらく債務整理の和解が成立した時点から5年かと思います。

もしかしたら、情報を他からも仕入れるような機関であれば、完済から5年ということもあるかもしれません。

ですので念のため、債務整理から10年はローンは組めないつもりでいた方がいいかと思います。

 

僕自身もマイホームの夢はありまして、10年は長いですし、債務整理は諦めようかと思っていました。

 

しかし、司法書士事務所に債務整理の相談をした際に言われたことは、

「借金をちゃんと返済しないと、ローンは組めないよ」ということです。

 

確かに!とハッとさせられました。

ましてや債務整理するか悩んでいる人ですから、そこそこな金額の借金があります。

普通に返済を続けたら5年では済まない可能性だってでてきますよね。

 

となると最善策は、

債務整理をして5年で借金を完済する ⇒ あとの5年で頭金を貯める です。

 

ローンを組むためには頭金の用意が必要ですし、10年後を見据えて債務整理をしてしまうのが良いです。

 

しかも、10年後にローンを組むためには、とにかく早く債務整理をすることが大切です。

若ければ若いほどいいってことですね!!

 

僕は25歳で任意整理をしたので、35歳にはローンが組めるだろうと思っています。

家を買うには全然遅くないですね。

 

債務整理は家族や結婚に影響もない

 

あと気になるのは、家族や結婚を考えている場合だとは思うのですが、債務整理をしてもまったく問題はありません。

保証人になってしまっているようでしたら、影響もあるのですが、そうでなければ大丈夫。

 

家族の信用に傷がつくこともありませんので、クレジットカードはそのまま使えますし、自分以外の家族ならローンも組めます。

 

あくまで債務整理による信用の低下は、個人の問題ということです。

 

唯一、自己破産までしてしまうと、家財が差し押さえになってしまうため、影響があると言えます。

その他の任意整理・個人再生であれば、問題ないでしょう。

 

債務整理の種類については、こちらの記事にまとめてあります。

任意整理・個人再生・自己破産の違いがわからない方は読んでみてください。

 

 

債務整理しない方がいい理由は、ほとんどない

 

結論としては、債務整理をしない方がいいと思っているのであれば、考え直してほしいなと思います。

 

  • クレジットカードはデビットカードで対応できる
  • 借金返済が終わるまでローンは組めないので、さっさと債務整理をして完済した方がいい
  • 完済した後は頭金も貯められる
  • 自分の債務整理は、家族や結婚に影響しない

 

以上のことから、債務整理には思ったよりもデメリットは少なくて、むしろ債務整理した方が良いとまで言い切れます。

 

債務整理をする気が少しでもでてきましたら、ぜひすぐにでも弁護士か司法書士に相談してみてください!

ぼくは東京ロータス法律事務所さんで相談して、任意整理をしようと決めました。

プロの意見を聞くと、全然考え方が変わって、楽になれますので・・・!

 

 

 

債務整理に対する印象が少しでも良くなって、相談しやすくて、利用しやすいものになればいいなと思います。

こんなに楽になる凄い制度なのに、債務整理しない方がいいと思ってるなんてもったいないな-!という話でした。

 

《お金に困っているあなたにおすすめのサービス一覧》

▼借金で悩んでいるなら

【1位】東京ミネルヴァ法律事務所《今すぐ診断!》


▼債務整理しようと決めているなら

【2位】東京ロータス法律事務所《安いのに超親切!》


▼借金が少なくて断られたら

【3位】アヴァンス法務事務所《少ない借金でも大丈夫!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)